Dancingache

投稿日:2008/08/17 22:26:04 | 文字数:928文字 | 閲覧数:971 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

昨日寝る前に思いついた歌詞を推敲なしで一発書き

故に訳は考えてません

そのうち書きます… たぶん


*6/7追記 

訳書きました





覚えていたいと思うけれど
たぶんダメ 忘れてしまう

こんなにも一緒にいるのに
貴方が現実 私が虚構

心なんて信じてない
今だってそう でもここにある

今もここに根付いて 私を締め付ける
抑えられない 否定さえできない

わかってる わかってる わかってるよ
光と闇の繰り返しで悟ったの
わかってる わかってる わかってるよ
心に制御装置なんてついてないことくらい


跳ね回る衝動よ 今宵は止めないで
スクリーンを越えて憂鬱と踊る
何も意味は無い だからこそ叫ぶの
それは貴方の手で踊る幸福な痛み



心のままに歌おうとするけれど
たぶんムリだ 操られたままじゃ

一人として貴方と向い合いたいのに
私の心なんて 貴方に作られるの


わかってる わかってる わかってるよ
光と闇の繰り返しで悟ったの
わかってる わかってる わかってるよ
私は所詮気まぐれで成り代わる代用品

だからお願い


跳ね回る衝動よ 今宵は止めないで
スクリーンを越えて憂鬱と踊る
何も意味は無い だからこそ叫ぶの
それは貴方の手で踊る幸福な痛み


8/17 追記

何とHalさんが曲をつけてくださいました!!
というわけでご要望にあわせて歌詞、訳に一節を追加

突貫工事なのでさらなる推敲が必要か……な
作曲者様と要打ち合わせです



蛇足:

・nothing aim ってなんですか

・コンセプトはunforgotten name と驚くほど近かったりします
 たぶん偶然かそうでなきゃ曲の素晴らしさのなせる業です

・いつものことですが異常な意訳です 原文はもっとカタコトっぽいはず

・というよりもはや文法として成立してないです。ヒドイ。

・寝る前の一発書き故,ストーリーとか整合性とかあんまり考えてません

・色々学ぶべき事が多いですね。今更ですが。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

To wish remembering you,
It's no use. maybe I forget.

To be in same time, with you,
you're in real , I'm in virtual


So there is no self of mine
I think so now, but why do I get

So It is still alive, bind me
I can not stand, and even deny it


I know , I know, I know ,I know…
I know in the light and dark
I know, I know I know , I know…
my heart can't handle feeling


Dancing ache never stop me tonight
with a bit of gloom, beyond the screen
Nothing aim never keep me silent
it's a sweet pain in doll of keyboard


For you song of me, I dream
It's no use. because I'm forced.

For you only one of me, I'm being
but I'm no mind, except give me

I know ,I know, I know ,I know…
I know in the light and dark
I know, I know I know , I know…
I'm alternative by clilk and quirk

Dancing ache never stop me tonight
with a bit of gloom, beyond the screen
Nothing aim never keep me silent
it's a sweet pain in doll of keyboard

*この人物の書く詞は重大な間違い英語である危険性があります
*予めご了承下さい
*間違っている箇所の指摘はいつでも大歓迎です



“The razor's a delusion,” he said.
“The razor's no defense. Anybody can cut you with a razor.
 If you're close enough to cut them they're bound to cut you.
 If you could have a pillow in your left hand you'd be all right.
 But where you going to get a pillow when you need a razor?
 Who you going to cut in bed?
 The razor's a delusion, Jimmy.”
===========================

”カミソリってのは、一つの幻想に過ぎない” そう彼は言った。
”カミソリじゃ身を守ることはできない。
誰だってカミソリさえありゃ切りかかることができるからな。
誰かを切ろうとするってことは、切られても仕方ないくらい近づかなきゃならん。
左手に枕でも持ってりゃ安全だが、カミソリで斬り合おうって時に
どこで枕なんか手に入るね? ベッドで切り合うわけじゃなし。
カミソリなんて幻想に過ぎないのさ、ジミー”


(Ernest Hemingway "the porter")

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめまして、Halと申します。
    只今コチラのステキな歌詞をお借りして、industrial系のmixtureを制作してます。
    また曲が上がりましたら改めて報告に上がります!
    使用に関して何か不都合など御座いましたら是非ご連絡ください!!

    ちなみに歌手はミクなので残念系な発音なのですが(汗)
    ミっさんなりにかなりガンバッテマスので^^;
    当倍位で見守って頂けると助かりますっっ(汗汗汗)

    2008/08/15 12:32:10 From  Hal

もっと見る

▲TOP