Pale in Vain

投稿日:2020/05/26 14:34:54 | 文字数:401文字 | 閲覧数:203 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

またねって言って 窓越しの別れ
反芻は追い付かず夢の後
あっという間のバイバイ 記憶は
取り憑かれたよう 寂しさがまた

私語ね 眠い目擦って (ささめごと)
単純が頬を濡らす終夜 (よもすがら)
何回目の感傷に僕らは
脚を竦ませて

回想 毎夜毎晩の懐古
巻き戻したいの でも
縋っていたって至って
普通じゃいられないよ
ねえ

振り向けば光なんてあったのにな
もう霞んで見えないや
思い出したくもないさ
脆い硝子の靴を恣に感情のままに
いいの痛いよ そう、ずっと迷子
酸いも甘えもさざめいて隘路の様
何処かで逢えたら じゃあまたね


悲観してばっかだな
期待して莫迦みたい
焦ったいよ ねえ

振り向いても影なんてないのにな
もう潤んで見えないや
海に消えてしまいたい
脚も付かない濃淡夥しい春の随に
いいの辛いよ 燦然 煌めく模様
悔いも未来も蹣跚めいて最後の夜
何処かで逢えたら じゃあまたね

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • Pale in Vain off_vocal

    by 磨瀬さん

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP