流星に願う

投稿日:2020/06/03 17:19:34 | 文字数:319文字 | 閲覧数:37 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

おんなじこと何回も言うてる気がします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

流星に願う



暗い部屋思い出した あの時
俺たちは流れ星に願った


透き通る空気に星は輝いて
心まで照らしていた


照れ隠し 声に出した想いは
輝いているようでくすんでた


星明かり照らした心の鏡は
ひとすじの道を映して 消えた


この声が響くなら
もう一度あの星空に
走った流星に叫びたい
秘めた願い


消えた輝きは
きっとどこかで・・・



虚しく光ったプラネタリウムが
一人の部屋を照して・・・


この声が響くなら
もう一度あの星空に
走った流星に叫びたい
秘めた願い


いつかあの場所で
また笑い合える時が
来たなら流星に歌いたい
本当の声で


あの日の星空は
二度と戻らない
前を向いて走れ
視界が霞んでも

学生時代はバンド活動をやっておりました(ボーカル)メタル全般、エモ・スクリーモ、ゲーム音楽等に影響を受けて育ちました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 流星に願う

    by ブリザード吹雪さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP