記憶の涙

投稿日:2010/11/08 19:31:37 | 文字数:428文字 | 閲覧数:26 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

悲しくない?

家族、友達、親戚、バイト先の店長←なんで店長

がさ突然自分の事忘れて「お前なんて雇った覚えはない」って言われちゃうだぜ?←だから何で店長視点




あ?
そうだよ、ニートだよ
ニート高校生だよ

それがどうしたぁぁぁぁ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

今迄出会った人
すべての人から
私の記憶だけ
消えてしまったら
それはとても
悲しいことだろう


一緒に笑ったこと
一緒に泣いたこと
一緒に過ごしたこと
それが簡単に消えてしまう


消えないで
忘れてしまわないで
覚えていてよ
お願い…一人にしないで


知り合いのはずなのに
誰もが他人行儀で
何故誰も私を
覚えてないんですか?
頬を辿る涙が止まらない


それはまるで
突然の別れのように
とても悲しいことだろう
記憶は曖昧なもの
それでも覚えている


人間がこの世界にある
幾千の星だとしても
私達は生きている
今此処に存在している


記憶することを辞めること
それはすなわち死を意味する
けど、私はまだ此処にいる
記憶することを辞めてはいない


いずれは記憶も消えてしまう
だとしても
覚えていたいことはある
なのに何故忘れてしまうのだろう


涙が止まらない
理由が分からない
何が悲しいのかが分からない
まるでこの涙は
記憶の涙のよう

P活動したい
歌い手活動したい

基本的に悲しい詩を書きます
苦手な人はターンしてください

プロフイラストは、guzuさんに書いてもらいました
http://piapro.jp/scrap_kuzu

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP