三毛猫とショートヘア

投稿日:2014/02/15 11:21:13 | 文字数:350文字 | 閲覧数:1,037 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

非実在少年は制服の少女がまだまだ恋しくて
信号も街灯も目障りなくらいにギラギラ眩しくて

「こっち向いて!」
商店街の猫に合図を送るの
でも何で君はソッポを向いて
走り去っていくんだ?

三毛猫は電柱から顔を出して僕を睨むのだ
不可思議な夕日が僕を嘲笑った

いつだって単純さ 制服の少女をまだまだ追いかけて
勉強も恋愛もうまくはいかないね でもなんか楽しくって

「逃げないでよ!」
街の主はどんどん加速してゆく
見失った僕はコンビニ前で
空を見上げてたんだ

ぶち色のどんぐり眼が夢見る世界は何色だ?
黒髪の少女も僕を嘲笑え

温かい紅色のマフラーを巻いて、僕は街を出る
19の記憶は汚れたままだね

淡色の少年時代を忘れて僕は大人になる
幸せなこの日を忘れないで生きて行こう

それじゃ、またね

じゃがりこ


もっと見る

もっと見る

▲TOP