夢幻恒星 歌詞

投稿日:2022/01/19 12:21:26 | 文字数:551文字 | 閲覧数:24 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夢幻恒星の歌詞です。パート分けについてはTwitterのDM等で教えることが出来ますが、そこは独自に解釈して頂いても構いません。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

新世界の幕開けを二人で祈っても
共鳴の和音(コード)届かなくて でも「なれないよ。キライに」
蜃気楼に蠢いた視界の喧騒よりも
冗談じゃない この運命は一〇〇〇回先を見据えてた

嗚呼生きたいのに 生きられないのはどうして
と問う 夢の続きを聞かせてくれよ

今 生涯最後 点睛だって歌うのでしょう
精々 因果だった景色だって解は無いどれも
今(君の) 生涯最後 懸命だった意識だって応えて
笑う 咲いた灰は心も解けず

この台詞が終われば 二人は離れ行くの?
怖気ないで 声に出して それだけじゃつまらないから
「引き金を弾くだけ 簡単なことでしょう?」
間違いじゃない!その声だけでは貴方に届かなくて 

「夜が明けるまで。このままで」なんて 
繰り返そう 止めないで 夢の続き
緞帳が下りる こんなはずじゃなかった!
「ほら簡単だって」歌ってみせて

今 生涯最後 点睛だって歌うのでしょう
精々 因果だった景色だって解は無いどれも
今 後悔だって知ってしまえば終焉だって気づけない
「ほら聞かして!」こんなもんじゃ味気ない

これほどに何故 押し殺してまで
ああ 鮮明だった景色だって解は無いどれも
今 生涯最後 懸命だった意識だって応えて
笑う 咲いた灰は心も解けず

思い出した光景は

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 夢幻恒星.inst

    by 霞カナさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP