DREAM ATTACK [REAL's]

投稿日:2010/09/21 02:47:39 | 文字数:769文字 | 閲覧数:34 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

バンド名「中華飯店 変人大納言」の為に作った作詞です。

ボカロとかまったくイメージしていません。申し訳ない。

現実と夢と妄想の境目ってどこにあるのかをモチーフにした詩です。

説明?というか詩を読んでイメージを掴む感じ?
そしてここの空気をまったく読まないで書いたので違和感があるのでゴメン。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

蒼い木がそよ風に枝を揺らし 冷気がソコハカトナクあいつらに注ぐ
一枚上の男たち あざ笑う そうあざ笑っている

瞳を輝かせてハイエナの如く地を這うナニカが 見えるか(覗いてるのか)
生きてる半分も見えない(見えたフリして) 遠吠えはもう聞こえて来ない

叫べよ 風が笑ってるぜ 解放されたフリの叫びを
184億2742万1932のナニカの声が コダマして歩いてゆく
「お前はそこに立つのか」どうでもいい質問ばかりが
俺の背中を押して ソッと押して止まる事がない

ナニが見えるのかどうかなんて たいした問題じゃないんだ
確かにそこに木があって 見える気がしてならないから叫ぶ

あとどのくらいソコにいるのか
あとどのくらい変わらないのか
あとどのくらい今を感じて入れば 今がどこにあるのかわかるのか

DREAM その先は寂しいくらいに感じる想いと悲しみ
DREAM まともな言葉はもう必要ないから
DREAM 目くらましでデタラメナ言葉が交錯する言葉
DREAM なけなしのお金で買えるちっぽけなナニカ


たとえそこに想う事があるとしても 手につかめなくても
手に入る満足で ナニカが壊れても気付かない満足があるとするのならば
それも「夢」悲しき寂しき終わりなきナニカなのかもしれない


DREAM 止める事はヤメロよ
DREAM 走るのをヤメレばナニカが壊れゆく
DREAM 時間は進んで止まらない止まれない止まりたくもない
DREAM 灯り消えてくはかないウスバカゲロウの様に消える

叫べ 終わりの始まりの終わりの如く
鳴け 信じる事の様に信じられないナニカの為に
触れて 見える事を理由に誤魔化すだけじゃだめなんだ
察し どれだけのナニがどう気になるのか

わかるすべもなく 彷徨い続け 乾き 満たされるまで
走リ続ケロ

よっちむです。

気が向いたときに、ちまちまと初音ミクさんを描いてます。

詳しいスペックは以下サイトで活動してます。
http://www.geocities.jp/yottimu/
(注!自作キャラサイトです。)
よかったら見てやってください。

最近の投稿は厳しいので要望があれば反応しますw

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP