猫に電池

投稿日:2008/05/04 20:28:43 | 文字数:356文字 | 閲覧数:97 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

動かなくなった猫をかかえた
その子供はこう言った
「電池が切れちゃった」

おいおいそれは電池じゃない
ちゃんとした1つのイノチ
今はもうヌケガラ

俺の電池はあとどのくらいもつんだろう
アイツよりは短い方がいいな
生きる意味失くした世界で
ただ在るだけなんて
想像するだけでありえない

動かなくなったその猫を
子供はかかえて泣きだした
「まだここにちゃんと居る」

おいおいまいったなそりゃそうだ
ちゃんとした1つのイノチ
ヌケガラだとしても

猫の電池は子供がつくりだすんだろう
カタチはない目にも見えない
だけど大切なモノだから
また生まれるんだろう
子供の中で猫は再び

俺の電池が切れた時
アイツは電池をつくってくれるかな
俺に涙を与えてくれるかな
その時まで希望だけ持ってよう

猫よお前は幸せ者だ

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP