玩具屋カイくんの販売日誌 (282) 真昼の尾行

投稿日:2016/08/07 14:15:05 | 文字数:1,220文字 | 閲覧数:57 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

昼間の月とサナギちゃん。何かが起きている?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ずっと続く通りの向こうのほうに、サナギちゃんの背中が見える。

「行こう」
駿河ちゃんは言って、歩き出した。その少しあとを、リンちゃんが続く。

「ねえ。なんで駿河さんがここにいるの?」
彼女の姿を見失わないようにしながら、会話をする。
「あなたがコヨミさんへメールしたでしょ。それを聞いて。ま、後で説明するわ」

サナギちゃんは、いくつか角を曲がる。
見つからないように、追っていくのが大変だが、2人は尾行を続ける。

「どこへ行くんだろ。あいつ」
つぶやくリンちゃんに、駿河ちゃんは言う。
「さっきも言ったけど。多分このままいけば、月光企画の会社があるんだよ」

「月光企画って、こんなとこに会社があったっけ?たしか、もっと北の方にあると思ってた」
「ここにあるのは、支社なのよ。それもあとで説明する」
小声で話しながら、後をつける2人。


●ばれてるのかな?

すると、その時...。
リンちゃんのスマホの“はっちゅーね人形”が、つぶやいた。
「カクレナ」

ぎょっとして立ち止まるリンちゃん。駿河ちゃんはすばやく、後ずさりしながら、彼女の袖を引っ張った。
道のわきの家の門柱のかげに入る。
2人は、そっと首だけ出して、遠くの彼女の様子をうかがった。

サナギちゃんは、道の真ん中で突然立ち止まり、空を見上げた。
そして、周りをゆっくりと、探るように見回している。
そばらくそうしていたが、やがてまた前を向いて歩きだした。

「あっぶね~」
ふぅ、と息を吐きなしたリンちゃん。
「何よ、あいつ。アタシたち、ばれてるのかな?」
つぶやく彼女。駿河ちゃんは、首をかしげていたが、しばらくしてまた「行こう」と言って歩き出した。


●さっきもそうだったよ

「ばれてはいないと思うよ」
歩きながら言う駿河ちゃんに、リンちゃんは口をとがらせる。
「でも、あんなに用心深いのは、サナギらしくないよ」
そういって、バッグのポケットを押さえる。
「これ、しゃべったね! 助かったね。さっき」
「うん」

うなずきながら、駿河ちゃんは足を止めた。
リンちゃんと2人、近くの電柱のかげに隠れる。
向こうに見えるサナギちゃんは、しばらく歩いていたが、また足を止めた。
また、さっきのように、周囲を見回している。

その様子を見ていた、駿河ちゃんはちょっと考えていたが...。

こうつぶやいた。
「あれだよ」
そう言って、後ろの方を向いて、空を指さした。

「ん?」
リンちゃんは不思議に思って、そちらを見上げた。

晴れた空には、雲がいっぱいに広がり、ところどころ、すき間から水色の空が見える。
そして、ゆっくりと動いた雲のかげから見えたのは。
昼間の、白い月だ。

「月? あれがどうかしたの?」
「うん」
意味あり気にうなずいて、彼女は言った。
「さっきも、そうだった。サナギちゃんが立ち止まったのは、雲の間から、月が出た時なんだ」σ( ̄、 ̄=)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP