月蝕の鏡

投稿日:2021/10/21 23:47:29 | 文字数:311文字 | 閲覧数:26 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

昔バンドでやっていた曲をバンドテイストを残しつつ、リアレンジ
うちの歌姫、IAとミクに唄ってもらいました
セネキオとしては珍しく疾走感のあるサウンドと
セネキオらしい二人のハーモニーを楽しんでもらえたら嬉しいです!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夜はそう いつでも
遍く世界を彩る
いつかまたここで
あの月に出会うと誓って

ここにいること 
それは少し優しすぎて
停滞への渇望 
それは焦燥に

想いはとうにこじれて
佇む僕 動けない
見上げる十六夜は
影の間に消えた

何を見てるの?
出口の光
何処へ行きたいの?
見つめる鏡

制御できないこの衝動性は
此処じゃない何処かへ

月の光は再びめぐり
新しい刻へと
僕もそろそろ動くよ

夜はそう いつでも
遍く世界を彩る
いつかまたここで
あの月に出会うと信じて

月もそう いつでも
遍く夜空を 彩る
たとえ それが
鏡の中の世界と知っても

月はそう 夜毎に
遍く世界を照らして
出口の光見えるはず
月蝕の鏡に

ボカロで内省的なマイナー調の音楽を夫婦二人で作ってます。
3拍子大好きです。
時流とはかけ離れてますが独自の世界を構築したいです。

タグイラスト にじ様 https://twitter.com/niji_0501

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 月蝕の鏡―オリジナル曲(IA&初音ミク)

    by senecioさん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP