おえおえお(歌詞)

投稿日:2013/02/23 01:26:50 | 文字数:705文字 | 閲覧数:2,865 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

おえ

(らんらららんら らんららおえおえ らんらららんら らんららおえおえ)
(らんらららんら らんららおえおえ らんらららんら らんららおえおえ)

宵に酔われて 頭揺られて 出口遠いな あと数百歩
冷たい風に 頬を撫でられ ちょい醒めそうになったその時

三つ目の角 曲がったとこに すえた臭いの おえおえおっお
それに思わず もらいましては 湧いて出てくる おえおえおえおえお

(らんらららんら らんららおえおえ らんらららんら らんららおえおえ)
(らんらららんら らんららおえおえ らんらららんら らんららおえおえ)

植木駆け込み 頭を垂れて 出るわ出るわの ゲロ肉弁当
胃袋全部 搾りきれたら ガス欠万歳 辺り白けて

倒れ込んでは 夜の公園 意識途絶えて おえおえおっお
突っ伏した先 最後視界にゃ 服にまみれた おえおえおえおえお

(らんらららんら らんららおえおえ らんらららんら らんららおえおえ)
(らんらららんら らんららおえおえ らんらららんら らんららおえおえ)

やがて目が覚め まだ夜明け前 辺り飛び散る おえおえおっお
惨め私は 消えたくなって 堪えきれずに

涙 ハナタレ 顔をぬらして 声も殺せず おえおえおっお
悲し恥ずかし 生き恥晒し 情け無用の おえおえおえおえ

三つ目の角 曲がったとこに すえた臭いの おえおえおっお
それに思わず もらいましては 湧いて出てくる おえおえおえおえお

(らんらららんら らんらら) おえおえお (らんらららんら らんらら) おえおえお
(らんらららんら らんらら) おえおえお (らんらららんら らんらら) おえおえお

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP