さようなら夏 Good-bye summer days.

投稿日:2017/09/22 15:00:58 | 文字数:306文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夏の終わりのミクさんに熱い想いを(歌にして)ぶつけてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏の夜見上げる花火の音強くて
愛しているよも言えないまま

夕暮れ賑わう祭りの音響けば
短い夏の日惜しむ様に

さようなら夏の日
愛してると言えずに

さようならは言わないでもう一度会いたいよ
夏の日よ終わらないでこのままでいるから

夜空に広がる花火の色滲んで
短い輝きかなしいから

さようなら夏の日
愛してると言えたら

さようならは言わないよまたいつか会えるなら
君のこと大好きだよこの夏が過ぎても

泣きそうな君の笑顔触れ合う指が愛しくて
このまま傍にいてくれるのなら

さようならは言わないよ次の夏会えるなら
君のこと愛してると何度でも言えるよ

ララララ・・・
君のこと大好きだよいつまでも好きだよ

ミクさんが好き過ぎて、DTM始めました!よろしくお願いします。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • さようなら夏 Good-bye summer days.

    by nyasuzoさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP