Past【歌詞】

投稿日:2021/06/06 22:06:17 | 文字数:554文字 | 閲覧数:2,766 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

どうも衣泉です。
今回はとある人間の後悔の御話を書きました。

「顔も見れずにわかれた君へ」

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1A 真夏の太陽が照りつける
屋根の上の猫も暑そうだ
他愛ない会話もそこそこに
屋根の上で猫が欠伸した

1B つまらない日々の繰り返し
そんなのにはもう飽き飽きだ
ここから飛び降りてしまえば君のもとへいけますか?

1S 君に会いたいよ 会いたいよ
ただ一度会いたいだけなのに
どうしてこの【思い】は邪魔をするの?
会いたいよ 会いたいよ
一度だけでいいから
「君の声を聞かせて」

2A 真夏の太陽が照りつけて
屋根の上の猫も夢現(ゆめうつつ)
他愛ない会話もそこそこに
屋根の上で猫がくしゃみした

C あの日 ちゃんと言えばよかった?
あの日 一緒に行けばよかった?
言葉にしてもすぐさま消えて後悔だけが残る

2S 君に会いたいよ 会いたいよ
ただ一度会いたいだけなのに
どうしてこの【過去(きおく)】は邪魔をするの?
会いたいよ 会いたいよ
一度だけでいいから…
「君を抱きしめたいの」

D 温もりに触れていたいから
温もりを感じてたいから
ボクは今日も命を削るんだ
だけどこれだけは覚えていて
これから先何が起きても
何時(いつ)でも君のことを思っているよ

作詞をしてます。
よろしくお願いします。

もっと見る

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP