吐瀉

投稿日:2017/11/08 21:47:48 | 文字数:433文字 | 閲覧数:301 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

優しい素直なあの子はもういない
残ったのは安っぽい自尊心をもった女の子

「わかんない、理解できない」
協調したくない
一人、部屋で泣いて
膝を抱えて

小さいころから孤独が美しいと思ってた
誰もいない家、絵を描いて、ギターとピアノとお話
メルヘンでメンヘラな性格の出来上がり

一人が好きとか言ってるわりには、
「寂しい、寂しい」っていって
一人でいるべきの夜も、誰かと一緒で楽しいねって
頭を空っぽにしながら
嫌なことにも目をそらせた

言い訳と嘘を重ねて、
努力も怠惰に呑まれて
嫌いだ、嫌いだ、と
辛い、辛い、逃げる、逃げる、
都合のいいようにあの人の言葉を思いだし、
勝手に救われて、勝手に幸せで

死んだあの子も正当化して、
綺麗な思い出だと音と言葉に閉じ込めて
嘘を織り交ぜて、雨に濡れて、救われた気になって

世界よ終われと、願っている
責任の追及も、何もかも
苦しみも幸せもごちゃごちゃに混ぜて
本当も、抱えきれない闇も
どうせみんなそうなんだから

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP