無題3

投稿日:2018/04/05 14:48:39 | 文字数:489文字 | 閲覧数:32 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

メロディーをつけてくれる方を随時募集しています。
とくに著作権などのこだわりはないので、
クレジット表記してもらえれば自由に使ってもらって良いです。正式にコラボという形をとる場合は個人メッセージで相談しましょう。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
遺品集めをしながら歳をとって、
このまま僕も死んでいくのかな?
拾ったものをそっくり落として、
そういうただの中継地点なの。

B
僕の歌を、きっと誰も思い出さなくなるときが来る。
でも僕は、そういうことを望んでいる気がするんだ。

S
遠くにキラキラ見えるのは、
全部が散った花びらで。
君は死んでも星にはならない。
それで安心できるでしょう?

A
窓は結露したままにしておいて。
冷たい雫が優しく窓を曇らせる。
落としたものは蹴飛ばされて、
そういうだけの存在だったわけ。

B
横顔さえ、眺められなくなる日はもう来てしまった。
録音した君の声、息継ぎのノイズがたまらなく好きだった。

S
信じたはずの透明も、
光に透かせば歪んでいて。
僕は死んでも無にしかならない。
少し安心できるでしょう?

C
僕だって知らない。
何も、わからないよ。

S
夜を作る窓の光は、
誰かがいるって証明で。
きっとそこは暖かいんだろう。
そうやって安心してたんだ。

S
遠くにキラキラ見えるのは、
全部が散った花びらで。
君は死んでも星にはならない。
それで安心できるでしょう?

椎名もたさんをよく聴きます。こちらでオリジナル歌詞を少し投稿してみようかと思います。明るい曲はあまりありません。
書き溜めているのもあるので、歌詞先で良ければそちらを提供してコラボできます。曲先でメロディーをいただいて歌詞をつけることもできますが、忙しいときはお受けできないことがあるかもしれません。優しい歌に、悲しい歌詞を付けるのと、ロックにロックの歌詞をつけるのが好きです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP