たとえ、同じ日でも

投稿日:2010/12/25 22:08:58 | 文字数:369文字 | 閲覧数:237 | カテゴリ:小説

ライセンス:

鏡音誕、諦めてたんですが無性に書きたくなりました← 当日に上げれるか分らないので、少々フライングしてます;なにはともあれ鏡音、誕生日おめでとうございます♪

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



おかしいのは分かってる
今日は自分も誕生日なのに


でも変に思われても
それでも祝いたかった


君と一緒に生まれた日を
君が生まれてきたこの日を





マスターやテトさんには
たくさん祝って貰ったけど


僕は君の誕生日を
まだ祝ってないから





だから今日の誕生花である
一輪の薔薇を君に差し出す


君は不思議そうな顔で
それを手に受け取るが


「ありがとう」と
僕に笑顔を見せる


それに僕は嬉しくなって
自然と君に笑顔を返した










「あ!」

「どうしたの?」

「私、レンにお返し用意してない…」

「僕が好きでやった事なんだから、気にしなくていいよ」

「でも………」

「んー…じゃあさ」

「?」

「僕は、リンが欲しいな」










(そして君に、甘く深い口付けを)


文をメインに、色々と創作中。
基本テトさんと鏡音が大好きです^^*(もちろんボカロ全般好きです)

よく色々な作品を巡り歩きしてます。一行詩に出没しているので気軽に絡んでくれると嬉しいです♪

最近は絵師さんのイラストから文を書いてみたいと思っていたり…。
また、僕の書いた文からイラストを書いて頂けたら嬉しいなと思ってます←


ツイッター始めて見ましたが、使い方がよく分からないww
よければお立ち寄りください♪
http://twitter.com/Defectiveprodu

pixivでも作品を投稿し始めました、良ければご覧ください^^
http://www.pixiv.net/member.php?id=2245288

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP