社会的ルーキー

投稿日:2020/02/23 04:01:32 | 文字数:634文字 | 閲覧数:52 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

フリー音源を元に歌詞を作りました.
フリー音源のリンクはこちらから:

https://youtu.be/hXbvJyfvthY

もし気にいってくれたら歌ってみた等々お好きな様に使って下さい.

そして歌詞をお好きなようにアレンジしても良いですし,音源も自由です.

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

社会的ルーキー

何でってモンを飲み込んで
当たり前でしょなんて大人なら
そういうのをフツーだと思って
僕らは過ごすようになった

あった事無い青春映画見て
子供に戻りたいだなんて
まるで今じゃ昔みたいに
ばか騒ぎ出来ないみたいだ

夢なんて見るだけで
踏み出す勇気すら無い
みんなが渡っているレールを
歩けば安心だって
本当にそれでいいのかい?
本当にそれがいいのかい?
俺らの手の平の中にまだ残っている

俺ら社会的ルーキーは
夢なんてそう易々と簡単に
捨てきれる訳もなく
だけどそれに立ち向かう暇すらないって言い訳している

ガキの頃はいつも何でばかりで
興味にみち溢れていた
今や変が普通で普通が変でいる

この代わり映えしない社会に嫌気はさすけれども

それでも変えたいって
口にすることすら恐れて
みんなが求める自分に
なることに精一杯で
本当はそれじゃダメだと
本当はそれがダメだと
少しだけで良いその殻を破って
己を貫けよ

俺ら社会的ルーキーは
あの頃の夢をまだ捨てきれなくて
だけど立ち向かう気力もないって
やる前から諦めてる


(セリフ)
夢なんて正直言って叶わないことだらけで
がむしゃらになってまで
なにやってんだろって思ってばっかだった
でもそれでも,なお今でも
まだ嫌いになれない理由を探してる時点で諦められないって事なんだと思う
だからやってみたい,どんなに下手であれ不器用であれ,やってみたいんだ
その先に自分の夢がある限りは...

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP