玩具屋カイくんの販売日誌(276) ニコビレのみんな 

投稿日:2016/05/08 12:45:31 | 文字数:1,251文字 | 閲覧数:60 | カテゴリ:小説

ライセンス:

謎の着信は、勘違いではなかったのかな?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

暦君は、スマホの画面を見返した。
さっきの妙な着信の、履歴は無かった。

「おかしいなぁ。オレの勘違いだったのかな」
首をかしげながら、ポケットにしまう。

ともあれ、地下鉄は降りてしまった。はやく、ミクさんたちの所に向かわなければ。

あたりを見渡すと、向こうにバス停がある。
「そうだ、たしかこの辺から、ニコビレ方面に行ってるバス路線があるな」

そう思って、そちらに行く。行き先を確かめると、さいわい、その路線だ。
そこでバスを待ちながら、遅れるという連絡の電話を、彼女たちに掛ける。


●お昼をいただいていたの

約束の時間より、30分ほど遅れてしまったが...
彼は、ミクさんたちのいるニコビレに着いた。

1階入り口近くにある、ティールームに行く。

窓際の席に、ミクさんの顔があった。
ほかに、紙魚子さんともう一人、女の子が座っている。

「ごめんなさい、遅くなっちゃって」
頭をかきながら、恐縮してテーブルに近づく。
「どうも!どうぞ、座って下さい」
ミクさんがにっこりする。

隣の席の、紙魚子さんも笑う。
「お久しぶりです、暦さん」
「あ、紙魚子さん。どうも、久しぶりですね」

隣に座っている女の子が立ち上がる。神社の巫女さんのような服装だ。
「はじめまして。白堰嶺レイムです」
「あ、レイムさんですね。どうも、はじめまして!」

暦君とレイムさんは挨拶を交わす。

「すみませんね、ミクさん。ずいぶん遅れちゃって」
しきりにあやまる彼に、ミクさんは笑う。
「いいのよ。紙魚子さんの仕事も、ちょうど終わったから、みんなでお昼をいただいていたの」
皆は軽い食事を済ませ、おしゃべりしながら、彼を待っていたようだ。


●それがしゃべったの

「暦さんは、食事まだでしょう?何か食べられたら?」
ミクさんの勧めに、彼は手を振る。
「いや、いや、いいんですよ。きょうは、朝メシ、遅かったし」
そう言って、テーブルの席に座る。

「バスで来たの?ここまで」
紙魚子さんが彼に尋ねる。
ニコビレに事務所を持つ紙魚子さんとは、何度かいっしょに仕事をしている。
「ええ。そうなんですよ」

暦君はそう答えながら、さきほどの地下鉄での出来事を思い出した。
地下鉄からバスに乗り換えた、その理由を、言おうかどうしようかと迷っていると...

紙魚子さんがこう言った。
「もしかして。暦さん、地獄に行かなくて、よかったですネ」
暦君は、あっけに取られて、目を見開き、彼女を見つめた。

「あ、図星だっ」
と、レイムさんはつぶやいて、面白そうに2人を見つめる。

何か言いたそうに、口を開けている彼を見つめて、紙魚子さんは言った。
「あのね、さっき、ここでミクさんの持ってる人形がね、しゃべったのよ」
そう言って、ミクさんのバッグについている“はっちゅーね人形”を指さす。

「ここでみんなで、食事してたら、それがしゃべったの。“降りたほうがイイヨ、それ。黄泉に行っちゃうヨ” …って、ネ」(・。・)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    今晩は、お久しぶりです♪ ここまでで読んでなかった本編作品を全部読ませて頂きました♪

    いやー暦さん、やばかったですね。それ、黄泉の国=あっちの世界に直行する幽霊列車ですよ~

    おそらく乗客、全員、いずれあっちへ行く予定の人物のはずなので、降りてなかったら…

    それにしても行方不明の方も心配だし、そしてこんなトラップを仕掛けられる企業の方も、油断ならないですね!

    それでは、次を楽しみにしてます! ではでは~♪

    P.S イラストのブクマ、ありがとうございます! かなり早い年賀状用干支ボカロイラストでしたが、昨年年末にやって大変だったので、今年は1年かけてゆっくり描く事にしました。ボカロ小説もぼちぼち書いてます♪

    2016/05/09 19:20:27 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、メッセージ有難うございます!

    >それ、黄泉の国=あっちの世界に直行する幽霊列車ですよ?

    地下鉄、というのは、どうも密閉空間で、怖い部分がありますよね。
    地上の交通機関だとなかなか、怖さは出ませんが(笑)
    でも、○レンジャーなどの敵が、スクールバスを乗っ取ったりする話も、いつか、ありましたね?...

    >P.S イラストのブクマ、ありがとうございます!

    毎年、enarinさんのイラストはインパクトがあって、楽しみにしてます。
    今年は(来年の鳥・用ですね)、早いうちから発表されてますね。
    いろんなバリエーション、出るのかなあ。楽しみです!

    またぜひ、感想を聞かせてください!
    では、また。

    2016/05/10 21:54:05 tamaonion

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP