オーバードーズに沈む夜

投稿日:2016/08/27 22:21:56 | 文字数:546文字 | 閲覧数:361 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

※サークル用
※曲募集ではありません

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1A
騒がしい街がうそぶく灯(あか)りは
私を明日(あす)へと誘(さそ)う
虚(うつ)ろな視線と閉じ行く瞼の
その隙間で手を伸ばす

1B
汚れた蜜の毒は息を奪い
喉を刺せば壊れていく
潜(ひそ)ませたパラノイア

1サビ
儚い夢だと解(わか)ってもひとりの夜を
紛らわす優しさで眠らせて
かけられぬトリガー 抱きしめた声は
灰色の朝にかき消されてく


2A
かすかな期待で感じる微熱は
いつの日にか失った

2B
呑み込む度に増える静かな嘘
喉を刺せば零(こぼ)れていく
隠されたディストピア

2サビ
冷たいナイフに触れられぬ 弱い私を
ささやかな快楽で眠らせて
目尻を伝って流れる孤独は
溺れる身体と混ざり合うよ(う)に


C
いつか反芻(はんすう)した悲しみごと
もう終わりにさせて
手放したもの 眩しい記憶
一縷(いちる)の願いまで
流れて消えて行くさだめなら

サビ
暖かく揺れるひとひらの淡い光を
この胸に抱いたまま眠らせて
目尻を伝って流れる孤独は
溢(あふ)れた叫びと混ざり合って

灰色の明日(あす)に呑まれてく弱い私を
紛らわす優しさで眠らせて
懸(か)けられぬ問いが 真実(こたえ)だとしても
今だけは許してと目を閉じる

深い
夢に溺れ
嗚呼 闇に
沈むように

作詞をしています。

[Twitter] http://twitter.com/pierce1228/
よかったら気軽にフォローお願いします。

作詞依頼はいつでも受け付けているので気軽にお声かけください。作品を使用する際には、作品の説明文orタグに「曲募集」とあるかどうか確認お願いします。

現在アイコン⇒/RAM様
他素敵アイコン⇒ざわし様/はさみ様/souonn様/たまごぱん様

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP