デリートシリーズ=キャラ設定【4】=

投稿日:2013/11/24 20:39:18 | 文字数:756文字 | 閲覧数:254 | カテゴリ:その他

ライセンス:

はい、簡潔に言うと。。。

シュウヤは死にます。

と、いうか消されます。

消したのはリオではありません。

まぁ、次で全ての原因となった男の正体がわかります。

この男についてはまだ完全に設定してないのでまだ時間が

かかるかもです。。。。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

=キャラ(4)=
【6】
≪武中 修哉(タケナカ シュウヤ)≫
男・16

カイのクラスメート

いきなり始まったカイへのイジメを不審に思う。

そして、カイに聞きに行こうと追った先でリオに会う。

リオとカイに「何かがおかしい」と訴える。

そこでリオとカイと協力しイジメの原因を突き止めようとする。

原因を突き止めている途中でリンヤと出会う。(当然リオは嫌な顔w)

話していくうちに何か知っていると確信したシュウヤは、「お前の魔法は何が使える?」と問いただす。(シュウヤはものすごく勘が鋭い)

リンヤは面白がってシュウヤの記憶の一部を『再生』する。

そして、シュウヤはリンヤの再生の魔法を『利用』してリンヤの記憶を再生する。
(シュウヤの魔法は『一度体験・見たことがある魔法を利用出来る』魔法。
ちなみに、リオとカイはシュウヤが魔法を持っていることを知らなかった。)

リンヤがイジメが起こることを知っておきながら止めなかったことにキレる。
(シュウヤのキレ方は『静かににっこりと笑いながら迫る』感じです。なので、メッチャ怖い。。。)

原因はカイリだと分かり、カイリの場所を突き止め(無理やりリンヤから吐かせた)その場所に行ったが

居たのはカイリともう一人の『男』

カイリに説得するよう試みるリオは涙を流しながら『見つけてあげられなくてごめんなさい・・・』と謝る。

カイリは昔一度だけ遊んでもらった女の子(リオのこと)の笑顔が蘇る。

そこでカイリとリオは和解。

で、そばに立っていた男に詰め寄り「お前・・・誰なんだよ」と言った瞬間

体を貫かれる。

そして、リオだけしか持ってないはずの『消滅』の、魔法でシュウヤは消される。

最後に一言カイに「楽しかった・・・・」と伝え完全に消える。

シリーズものを作ろうと只今進行中!!

<デリートシリーズ>

絵師・動画師・・・モノライト様

作曲師・・・たろりP様・戒斗様

作詞・・・汚いメス豚(私ww)

twitter→https://twitter.com/followers

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP