孤毒草

投稿日:2022/06/26 19:05:32 | 文字数:380文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

知らない感情なんていらない
救われたいなんて思わない
操り人形に染まった
それこそが伽藍堂のわたし

悲しみが去って
全てを奪ってしまった
傷の痛みさえも
気づけばいなくなった

心が解らないんだ
何も解らないんだ
君の言葉も君の笑顔も
私と違うようで同じように見えた
理解できない

消えない感情なんていらない
無くしてしまえばいい全てを
壊れた人形に変わった
それこそが虚無感の心

寂しさに染まって
全てが敵に見えた
傷の化膿さえも
気づかないまま歩いてる

心が解けないんだ
雁字搦めなんだ
君の言葉も君の歌も
私を救うようで違うように思えた
理解できない

綺麗な花には毒がある
自分さえも殺してまうような
救われない花束だ

心が解らないんだ
何も解らないんだ
君の思いが君の全てが
私が救われるようで救われないようで
理解できない
心が悴んでいく

音楽が好きです

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP