Closed Seasons

投稿日:2008/04/26 05:36:22 | 文字数:637文字 | 閲覧数:276 | カテゴリ:(未選択) | 全3バージョン

ライセンス:

響き重視で若干改変を加えてしまってますが、
milekaさんの詩の輝きを損なうほどではない…はずです^^;


milekaさんの元詩↓

http://piapro.jp/a/content/?id=kqwrd8ttdulup995


曲ページ↓

http://piapro.jp/a/content/?id=5jw0b9jm44twcom3

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 Closed Seasons


作詞 mileka …と、ちょっとだけyasya 作曲 yasya


青く広がる空 降りそそぐ日差し
色とりどりに咲いた花 そして
幸せそうな あなたとわたしが
写真では 今も笑っているけれど

ひととせが過ぎ去って 同じ花が咲いても
いつからか すれ違うばかりだった
ふたりは もとに戻れないよね

言葉が足りなくて 伝わらなくても
会えないことが増えても きっと
あなたを好きな気持ちさえあれば
そばにいられると 信じこんでいたの

大好きな笑顔さえ 暗く翳らせていた
いくつもの過ちに 今になって
気がつくなんて 遅すぎるよね

閉ざされたあの夏の記憶の中でだけ今も響く声
気がつけばこの胸を
締めつけるほどにあなたを思うけど
涙ごと心にしまいこんで忘れるね


かわいた人波も さびれた景色も
雨にくすんだ街角でさえも
あなたがそこにいると それだけで
やさしいひかりに 輝いて見えたよ

待ち合わせした駅や いつもの通り道や
約束の場所でさえ 時が経てば
ほかの誰かと 歩けるのかな

閉ざされたあの冬の記憶の中でだけ寄り添うふたりが
色褪せてゆくことを
願うけれど 今降りそそぐ雪の中に見える
あの影があなたのような気がしていた

閉ざされた季節から
少しずつ こぼれる想いを
いつの日か 悲しまずに
思い出せる時がくるよね

今はもう届かない
遠ざかるだけのあの日々を
できるだけ 振り向かずに
歩いてゆくから

さよなら

使用ソフトは基本GarageBand・・・σ( ̄∇ ̄;)
Logic8も最近買ったのですが、ろくに使えない残念野郎です・・・orz

ただ作曲はがんばりますので、こんな残念な奴でも相手してやるよってゆうアレンジャー、作詞家、イラストレーターの方、お待ちしておりますmm

ちなみにアイコンはtamaya様からお借りしております~ ありがとうございます^^

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP