ジャズ・ダンス・ステップ

投稿日:2015/04/24 06:53:47 | 文字数:455文字 | 閲覧数:788 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

BPM=144

【ジャズ・ダンス・ステップ】

街路灯が咲いた道でどうしてって僕は泣いた
散々「愛してる」って囁いた夜は嘘だったの?

ぱっぱっぱっと切り替わる場面
走馬灯みたいに流れてく
手と仕草と匂いと笑った顔と

眠れば全部夢だったなんて
君の寝顔が
分かってる泡沫に揺れて弾けた

もう一度会えるなら慣れないダンス・ダンス・ステップで踊って
君の目で生きていた僕を取り戻したいよ
抱きしめた感覚を乾いたクラップ・アンド・クラップで呼んで
虚しさを垂れ流す
「愛してる」
「愛してる」


体裁だけ守った別れ
最低ねって強がる言葉
シニカルな目線が夜を染めて不快にするの

枯れてく花の精気が
つめたい朝の空気が
どろりと頭の中を溶かしていくの

気づけばまた夜の静けさが呼吸に絡まって
錆びついた指先を一人眺めた

もう二度と戻れない少女の心で踊って
煌めいて生きていた僕を取り戻したいよ
噛み締めた切なさを乾いたクラップ・アンド・クラップで飛ばして
さよならを告げるから
「愛してる」
「愛してた」

オリジナルとか上げてる人。

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP