曲募集「おでんとカラス」 ベランダのおでんが冷めるのを部屋の中から見ている女の子の歌です。(ひらがな表記付き)

投稿日:2020/11/20 16:52:03 | 文字数:753文字 | 閲覧数:8,066 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

改定して文字数調整しました。
どなたか曲をつけて頂けるとたいへん嬉しいです。

現状の文字数は下記のとおりです。
(小さな「ゃゅょぁぃぅぇぉ」は文字数0、小さな「っ」は文字数1として数えています)

【1A】
17+17
【1B】
14+12+14+13+12

【2A】
17+17
【2B】
14+12+14+13+12

【3A】
17+17
【3B】
14+12+14+13+12

【ラスト】
17+17

どなたか、よろしくお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あーガラス越しにおでんが冷めてゆく
あーカラスが来ておでんを眺めてる

あんなに熱かった私たち
湯気が出るほど沸いていた
でもベランダのおでんと同じ
ちくわもガンモも冷めてゆく
二人の仲も冷えてゆく


あーテラスの椅子笑いころげた日
プラタナスの道手をつなぎ歩いた

あのとき熱かった私たち
みんなが引くほどのぼせてた
大根ニンジンなんでも恋
あなたと私のスピードに
重い土鍋の蓋も飛ぶ


あークラスじゅうみんなが知っている
あーしらすごはんおでんに合うでしょう

昨日丸かったごぼう巻き
あすも丸いと限らない
一晩中でも話せたのに
今では言葉が途切れがち
もうこんな日が来るなんて


あーガラス越しにおでんが冷めてゆく
あーカラスが今わたしを見つめてる


++++++++ひらがな++++++++++++
【1A】
ああがらすごしにおでんがさめてゆく
ああからすがきておでんおながめてる
【1B】
あんなにあつかったわたしたち
ゆげがでるほどわいていた
でもべらんだのおでんとおなじ
ちくわもがんももさめてゆく
ふたりのなかもひえてゆく

【2A】
ああてらすのいすわらいころげたひび
ぷらたなすのみちておつなぎあるいた
【2B】
あのときあつかったわたしたち
みんなひくほどのぼせてた
だいこんにんじんなんでもこい
あなたとわたしのすぴいどに
おもいどなべのふたもとぶ

【3A】
ああくらすじゅうのみんながしっている
ああしらすごはんおでんにあうでしょお
【3B】
きのおわまるかったごぼおまき
あすもまるいとかぎらない
ひとばんじゅうでもはなせたのに
いまでわことばがとぎれがち
もおこんなひがくるなんて

【ラスト】
ああがらすごしにおでんがさめてゆく
ああからすがいまわたしおみつめてる

詩とか短い小説とか文章創作をやっています。
歌詞はまだ初心者です。
どなたでも曲をつけて頂けたらたいへん嬉しいです。
曲の流れに合わせて言葉の修正なども、できる範囲でやりたいと思っています。
よろしく。

その他の創作は下記サイトをごらんください。

しんぞうの創作室
https://shinzoo.net/

 

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP