友達

投稿日:2020/02/24 12:32:36 | 文字数:329文字 | 閲覧数:79 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

やり直したところで繰り返すだけさ
同じ時代 同じ場所を生きるならば
緩いフィクションを寄せ集めてみたら
あの頃の慚愧の念が蕩け出した

空高く昇ってゆくというよりは
空から手が伸びてくるような

淋しさが窓を叩く
あなたは気づかぬ素振り
「入れてやりなよ 友達だろう」と
言いかけて 飲みこんだ

言い直したところで気にしてなどいないさ
こちらが相手のことを舐めている限り
来ない偶然を丁重にもてなして
来る悄然を迎え撃つ

時間が解決するというよりは
過去に心を残すような

優しさが傷を撫でる
悪気を置き去りにして
「拭き取らないで 友達なんだ」と
言うために 覚悟した

あなたは歩み進める
私を置き去りにして
何度も繰り返した景色の中
淋しさが慰める

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 友達

    by 1002pさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP