少女は鬱屈に傘をさす

投稿日:2009/08/07 03:54:55 | 文字数:379文字 | 閲覧数:425 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

趣味全開\(^p^)/

明るいの書こうと思ってたら……!!
和風ロックみたいな感じかなぁなんて…なんて。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【A】
不満 疑心 憤怒
それぞれ抱えた 細い身で
すらりすらりと雨を抜け
表通りを闊歩する

【B】
いろはにほへど ちりぬるを
それらじゃすべては 表せぬ

【サビ】
降れども降れども つづく雨
少女はそれらに傘をさす
娼婦と貴族の 笑う声
少女はそれらを傘で射る


【A】
嫉妬 欲目 恐怖
それぞれ湛えた 夜の街
ふらりふらりと雨はおち
神も仏も濡れるだけ

【B】
いろはにほへと ちりぬるを
言葉で遊んで ごまかして

【サビ】 
濡れても濡れても 引かぬ雨
少女はそれらに傘をさす
あの子と誰かの 笑い声
少女はそれらを傘で守る(もる)


【C】
雨があがれば 傘を閉じ
陽に目を細めて つらつらり
少女は日差しに傘ささぬ


【サビ】
降れども降れども つづく雨
少女はそれらに闇を見る
からりとあがった 陽の中で
少女はしずかに傘と立つ

だらっとやってます。
サイトメインに移行気味。
名前を灯下箱、に変えました。

置いてある歌詞はNNI、ボカロ、ウタウ、営利じゃない限りはどれでもお好きにお使いくださいー。報告くだされば媒体自体はなんも気にしません。

http://www.nicovideo.jp/mylist/8748983
http://idea.futene.net/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP