夏唄

投稿日:2013/10/31 07:58:16 | 文字数:410文字 | 閲覧数:73 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

多忙であげることができず
こんな季節に^^;

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

綺麗な浴衣が
すれ違う
賑わう八月のお祭り
灯る灯を見ていた

馴れない私は
苛立って
文句を幾つも言ったんだ
君は笑っていた

もうすぐに
あがるはずの
打ち上げ花火
君と目が合って私は

あと少し勇気下さい
言えないこと伝えるから
この夏が終わる頃には
新たな二人でありますように

ゆっくり歩いて
話してた
つまんない事を話してた
それでも聴いてたね

隣には
空見上げる
笑顔の君が
綺麗な星空だねって

もうすぐに花火が上がる
終わりが来る夏休みに
この気持ち伝えたいんだ
新たな二人が始まるように

確実なものなんて無くて
心は揺らぐけど
今しかないんだ
近くて遠い距離に
届くように

あと少し勇気下さい
言えないこと伝えるから
この夏が終わる頃には
新たな二人でありますように

叶えたい恋をしたんだ
言えないこと伝えるから
この言葉終わる頃には
新たな二人でありますように

二人が一緒でありますように

作詞してます
いつもギターとピアノをしています
よろしくお願いします

twitter:digi_rock_onpu
skype:m.never_mined
ニコルソン、ツイッター、スカイプ全部音ぷです

あと
絵師様が大好きです
勝手にフォローなどするかもです
本当は自分もやりたいのですが
機材の問題や
それ以前の絵心がなさ過ぎてやりません
マイPCをもうすぐ購入するので
作曲と共に手を出してみようかと

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP