夏のファンタジア

投稿日:2017/09/22 11:55:32 | 文字数:285文字 | 閲覧数:27 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

映画「君の名は。」が好き過ぎて、夏をテーマにファンタジーを作りました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

大好きな夏が来て蝉の声聞こえ
何だか時めき何だか懐かしい
梅雨が明け夏の陽が陽炎を揺らし
短い夏の日は幻のようだね

君を見つけた夏の妖精
光浴びて眩しく見えた

何処かで君と出逢ったような懐かしい景色
さがしてた君に出逢えた様なそんな気がする

間奏

夏の陽射し日焼けした君の横顔を
ずっと前に見てた様なそんな気がするよ

花火の夜人混み抜けて
君の右手リンゴ飴が
握りしめたその笑顔が可愛くて
手をつなぎ歩きたい祭りの夜に

もう何処にも行かないでこのままずっと
手をつなぎ歩きたい星降る夜に

ずっと前に出逢ってたそんな気がする
君と逢って懐かしいそんな気がした

ミクさんが好き過ぎて、DTM始めました!よろしくお願いします。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 夏のファンタジア Fantasia in summer.

    by nyasuzoさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP