千日紅

投稿日:2012/07/17 19:16:29 | 文字数:364文字 | 閲覧数:158 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

千日紅

七月の雨が降っていた 夏がやってきたんだね

不思議と

思い出す君の事 忘れたフリをしては
こうして時折離れない
無理にウソをついても言葉さえ 風になる

夏の匂いから 穿り返されたみたいで辛かった

今日は暑すぎたから 眠れなかったせいで
少しね夜更かし 七夕のあとは
新しい扉開いてくれた人が手をとり
暮らせてますように

青時雨薫るとき 今日という短夜は
少しだけ 少しだけ 立ち止まっていたくて
滴る声と 重ねてく歳月と
心の根 繋ぎ合い 育っていく花よ
あの色のまま残る 千日紅
私の一生から
夜の間に咲いて 朝がきて隅に
少しでも 君にはね もう届かなくていい
新しい扉開いてくれた人と出会って
暮らせてますように

 
どうか上手く暮らせてますように


どうしてだろう今になって
もう会うことないのに

どうも。主にルカ様に歌っていただいております
ホームページ→http://www.manabun-music.com/
twitter→http://twitter.com/manabunmusic
Skype→manabun.music

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP