トルビオン

投稿日:2019/05/02 21:29:00 | 文字数:515文字 | 閲覧数:80 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
乾いた足音立てて
知らぬ道の背を踏んでいく
渦を巻いて舞い散る髪が
取るに足らぬ塵を攫っていく 気にもせず

B
ささやかで透明な 哀しみを
壊さずにいれたなら どんなにいいだろう

S
過ぎた事を悟った途端
全部巻き込んで消してあげる
何か忘れたような気がしても
風が眩しくて もう見えないや

おはようを君に
おやすみを君に
さよならを君に
遥かまで

おはようを君に
おやすみを君に
さよならを君に
トルビオン ねえ

A
朝日が昇った地面
揺れる膨らんだ空の色
花が咲いた知らない道も
怖さなんて捨てて 走っていく そのままで

S
出会う前に気づいて 僕に
刹那かき消えてしまうから
何か掴んだような気がしても
風に煽られて もう見えないや

おはようを君に
おやすみを君に
さよならを君に
遥かから

おはようを君に
おやすみを君に
さよならを君に
トルビオン 嗚呼

S
去ってしまう僕のトルビオン
次に出会う君は違う君
何か紡ごうとした口元も
君が眩しくて もう見えないや

おはようを抱いて
おやすみを抱いて
さよならを抱いて
遥かへと

おはようを抱いて
おやすみを抱いて
さよならを抱いて
風の音 聴いて

トジマリです
お絵かきと曲をします

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • トルビオン feat.ONE

    by トジマリさん

▲TOP