【自己解釈】アディショナルメモリー 後編

投稿日:2018/09/16 00:30:44 | 文字数:788文字 | 閲覧数:292 | カテゴリ:小説

ライセンス:

 ――友達なんかに、なりたくなかったな。


原曲:http://www.nicovideo.jp/watch/sm33854807

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 浮かんで、出逢ったのは今までの思い出。
 それはさながらエンドロールのようだった。
 いや、正確には走馬灯でも言えば良いのかな? 分からないけれど。いずれにせよ、その幕の切れてしまった白昼夢は、わたしの悲しさをただただ暈かしていった。いいや、悲しさだけじゃあない。それ以外の感情だって。そうだ。
 思い出してしまう、夕焼けの空。
 滲み出すパンザマストのメロディ。
 わたしは彼に言う。帰ろう、道を間違えないように、と。
 落ちていくさなか、いや、浮いているといってもいいわたしの身体は、地面に落下するまでの数秒間があまりにも長くて、あまりにも短くて、あまりにも切なくて、走馬灯にしては贅沢だった。
 また明日だなんて、言わなきゃ良かったな。
 やっぱり、辛いよ。
 きっと届かないだろうけれど――ごめんね、大好きだよ。


 ◇◇◇


 目を覚ますと、そこは、すべてが逆さまになった世界だった。
 いや、正確に言えば、目を覚ましたからこそ、わたしは位相の違う空間に移動したのかもしれない。つまり、あの世界の『楯山文乃』は消滅して、カゲロウデイズに取り込まれた、といったほうがいいだろう。
 わたしは、間違っていない。
 間違っていないけれど――どこかぽっかり心に穴が空いたようなそんな感覚がして。
「ほう、人がやってくるとは珍しいのう」
 そこに居たのは、大きな蛇だった。
 カゲロウデイズに取り込まれるためには――蛇に出逢わなくてはならない。
 蛇はカゲロウデイズにとっての管理人だった、ということは父さんの持っていた本で知っていた。
 ああ、怖いな。
 やっぱりどうせなら最後に言っておけば良かったかな。
 勘違いだったとしても、構わない。
 ずっと言いたかった、あの言葉を。


 ――さよなら、大好きだよ。



 そして、わたしは――蛇に『取り込まれていく』。

はじめまして。小説を書いている者です。


「ぱんなぎ」名義でオリジナル曲を制作しています。詳しくはこちら→http://www.nicovideo.jp/mylist/33072476

近況:歌詞を全部消しました。

現在、『QUEST V』というファンタジー小説を書いています。ぜひご覧ください。

相方さんとリレー小説『僕と彼女の不思議な日常』書いてました。タグ検索には『【リレー】僕と彼女の不思議な日常』を入力してみてください。

僕と彼女の不思議な日常は漫画化しています。pixivにてご覧ください。(投稿時に宣伝イラストを投稿します。)

そして、今は『僕と彼女の不思議な夏休み』を書いています。タグ検索には『【リレー】僕と彼女の不思議な夏休み』を入力してみてください。

今書いているもの→http://piapro.jp/t/nYtT

なにかありましたら、メッセージで。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP