孤り言

投稿日:2021/06/06 17:59:50 | 文字数:443文字 | 閲覧数:1,716 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

答えなんていらないんだよ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君が触れたものぜんぶ輝いて見えた僕の目を笑うかい
君が想うものぜんぶ煌めいて見える僕の心を笑うかい
君が愛するものぜんぶ愛おしく思う僕の愛を笑うかい

笑うかい 笑うかい?
笑ってくれたら それでいいよ 僕は

むせ返る静寂も茹だるほどの淋しさも
透明な装いに春はいつか身を窶して
甘やかな爪先が夜のどこにも溶けてゆかないよう
僕は、目を瞑った

僕の目は鏡 君の眼は硝子
同じようでいて何も映らないと
胸の一番奥の柔らかな場所で君は眠ってる

微動だにしない静けさがいつか君を迎えに来るから
僕は胸の内側で眠る君の手をそっと離すんだよ
夏は何もかもが大きすぎて
僕の手はあまりにも小さくて
空と海とが破けて血が流れた空に
君の名を叫ぶんだ

右胸に空いた空白に鴉の鳴き声が響いたよ
僕が夜に浸る頃に君はましろの朝を歌うの
黄昏に埋めた骨がいつか桜を咲かせたりしないかな
夜明けに引き裂いた傷口が夕焼けに混ざったりしないかな
それを君が見上げたりしないかな

世界の名をした君がいるかな

気まぐれに書きます。
好きに扱ってください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP