Unlimited liar-bility

投稿日:2021/12/02 20:13:44 | 文字数:872文字 | 閲覧数:18 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

無責任に選んだ間に合わせの服が
毛羽だってタグも痛くて合わないように
適当に選んだ他人に私は悩み続けてる
カタログやお試しが有れば良かったのに

きっと誰を選んでも品切れキャンセル待ち
残り物を選ぶ惨めさはお互い様ですね
吟味して品定めしても相性は変わらない
結局同じなんだ人と人なんてテキトーだ

先の見えない行列はいつ終わるのかな
私の番はいつになるのかな待ちぼうけ


手続きを重ねて手に入れた証明書
無理もしたのにかさばって相応しくない
慎重に選んだ肩書きに私は振り回されてる
後悔のマニュアル誰か作っといてよ

きっとどれを選んだってブカブカ寸足らず
凸凹に選ばれる悲惨さはお互い様ですね
名売りのため先のためでも私は変わらない
結局一緒なんだいつもいつも不適合だ

先の真っ暗な行列はいつ進むのかな?
私の番がこなかったら良いのにって


スポットライト浴びていると思ったら
サーチライト照らされた犯人だったり
サインを求められていると思ったら
知らない契約書を承諾させられてたり


人生が上手くいくマニュアル下さい
それさえ守れば私の人生は勝ち組だ
一分一秒を規律正しく間違わず
いつの間にかマニュアルが私になった


「30人の5分無駄にしたら二時間半だ」
あなたの人生が有意義か考えたことは?
「原価が10円だから30回で元が取れる」
あなたの脳みそが原価割れなんですよ?


罵声を叫び続けて手に入れたお宝は
全部模造品で指紋もブラックリスト行き
入念に仕込んだトラップを自分で踏んでいる
監獄のガイドブックどこかに置いてますか?

きっとどこから忍び込んでもしっぽ切り
仲間に裏切られる切なさはお互い様ですね
名誉のため?名声のため?私はお金が全て
結局一人なんだ仲間はみんな寝返った

見通しの良い行列は盗品の換金です
自分以外が全員警官とも知らずにね


全て失っても魂を売らない大泥棒
全てを得ても魂が満たない大富豪

投げたサイコロが丸くなって転がってどこかに消えた
もしかしたらこの地球だってそうだったのかもね

密かな呪文があなたの片隅で灯るように

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP