三千世界の僕を殺して / flower・音街ウナ [オリジナル]

投稿日:2018/12/19 12:59:12 | 文字数:799文字 | 閲覧数:438 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です!!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

この世で綺麗なもの以外認めることができない君だから
矮小な自分を押し殺す僕を「病気だ」とせせら嗤うけど
飽きもせずに何千回もただ、同じ日々を繰り返し続ける
君の方が病んでいるんじゃないのか?

夜が開ける前はいつも、僕だけが ひとりきりになったような気がして
誰の声も最早、聞こえなくなってた
孤独/10億 を

嗚呼、今日もまた陽は昇っていくけれど
愛を知らない僕の心は
変わっていく世界で
いつか消えてしまうのならば
呼吸(いき)をする意味もないだろう
「それなら、いっその事 僕を殺して?」
烏は鳴くよ、三千世界の中で

幼き日の思い出はいつも僕を[今]から遠ざけているよ
"狂ったふり"で臆病な自分を慰める術しか知らない僕なのに
「恥知らず」と何万回もただ、同じ言葉を浴びせ続けてる
こうなったのはあんたのせいじゃないか

朝焼けに揺れる街は 僕だけを
置き去りにしていくような気がした
烏が囁くよ
「君の生きる価値は ゼロ/10億なのか?」

ねえ、翼を失くして生きる明日の絶望に
救い求めて心の中で叫んでる"S.O.S"
孤独、抱いて俯く僕を誰も
連れ出してくれはしないのだろう
ありふれた愛さえ 僕は知らないまま
呼吸(いき)を止めるよ 夜が明ける、その前に

「三千世界の僕を殺してよ」
烏になった僕の声は届かなくて
誰の顔も最早、思い出せないんだ
さよなら/10億 を

嗚呼、今日もまた陽は昇っていくけれど
夢を知らないまま終わっていく僕の心
いつか消えてしまうのなら
「誰か、僕の息の根を止めて」
この世界に存在する意味さえも
忘れさせてよ

あの日、悪夢(ゆめ)に見ていた
黒く塗りつぶされた地球儀の上に立ってしまったようだ

「僕が僕じゃなくなるなら この世界、壊して?」
烏が鳴いた 朝焼けの空
意識は消えるよ

(コノ絶望ヲ終ワラセテ)

誰かが泣いた、三千世界の中で

おくのと申します。
僕は友達がいない よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/16

もっと見る

▲TOP