アカイイト

投稿日:2008/10/12 21:25:29 | 文字数:289文字 | 閲覧数:94 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

少し狂った主従の恋がテーマです。
赤い糸の「糸」を「絃」と表記したのは、そっちの方が触ると自分を傷つけそうだからです。更に、恋は音楽に似てると思ったからでもあります。
男性の『従』側からをイメージしました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

僕と君とを繋ぐのは
小指に絡まる赤い絃
空と海とを繋いでる
不確かな雨の細糸の様

恋人なんて甘くない
血の色をしたアカイイト
主従という名の絆
流れた赤は誰のモノ?

僕が君を守るから だから 君は笑っていて
僕が傍にいるから だから 君は泣かないで

僕と君を繋ぐ絆――赤い絃



君と僕とを繋ぐのは
絡め捕らえる赤い絃
それは 流れる赤色の
死の色の無垢な『狂気』(『凶器』)

僕は君のものだから だから 我が儘を言って
僕が君を守るから だから 捨てないでいて

僕と君を繋ぐ絆――赤い絃


愛して 壊して 傍にいさせて
苦しいほど 狂おしい
君と僕とのアカイイト

こんにちは

色々な関係で、vocaloidを持っていない細雪です。
それでも、彼らを愛してます。(笑)
特に好きなのは、KAITOと殿です。


皆様の曲とイラストに、感動し、癒されてます。
音楽センスも絵心も無いですが、歌詞を書くのは好きなので、それしか投稿出来ません。
曲やイラストをつけていただくと、泣いて喜びます。狂喜乱舞です。
これからよろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP