知らない香り 歌詞

投稿日:2020/05/08 16:46:04 | 文字数:414文字 | 閲覧数:3,330 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

1st Album 「ねむるピンクノイズ」
収録曲・知らない香りの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風が吹く 数ミリ先から
少し寒いね、ごめんね
随分と遠くに来たのか
もうそろそろ着くさ 何処かへ
幸せのリミット 求められるアンコール
何もかも塗りつぶして綺麗にしよう
悪い魔女にもし目をつけられたなら
もう笑顔しか見れない呪いをかけてほしいな、なんてね。

知らない香りがするところへ行こうよ
何でかもう悲しくない 終わりも愛せる気がする
知らない香りがするところへ行こうよ
その先は諦めてくれますか。

風が吹く 刺すくらい冷たい
少し暗いね、ごめんね。
随分と遠くに来たのが何の為かも忘れたの
最寄り駅の定期 要らないとか言わないで
誰かの言葉だけが真実じゃないだろう
手を握ったまま 目も合わせたままで言う
「あなたらしくない無責任なこと言うのね。」
「なんてね。」

知らない香りがするところへ行こうよ
何でかもう悲しくない 終わりも愛せる気がする
知らない香りがするところへ行けたら
もう一度、
恋させてくれますか。

ボカロ曲投稿してます。よろしくです

もっと見る

▲TOP