飛行機雲

投稿日:2013/07/13 23:50:19 | 文字数:397文字 | 閲覧数:337 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

応募して落ちたものですが、なかなか自分では気に入ってたのでマイページに修正してうp
文字数の関係で削ったところとか、ちょこちょこ修正しました

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

込上げてる感情 海に沈めてさ
高鳴る胸は今 弾に成り下がる

目指した蒼が煙るとき
嗚咽を漏らさぬようにと
噛んだ唇から血が滲む
でもこの蒼が手放せない

いつか見上げた飛行機雲を
憧れたあの日 額縁に撮った
今は乗り込む飛行機雲が
汚れてく様を 薄目で霞める
崩れる欠片がまた一つ

ハンドルを握る手に 汗が染み渡る
傾けた上体 ガラスにぶち当たる

視界がぼやけた一瞬
背筋が急に寒くなる
降りかかる最悪は突然に
それでも僕は手放せない

いつか見上げた飛行機雲を
憧れたあの日 額縁に撮った
今は乗り込む飛行機雲に
閃光が走って 瞳を開いた
崩れる欠片は僕の番

遠くの空 飛ばした 紙ヒコーキ
夢のような 現実 繰り返す
蒼はもう この手の 届く距離 だろう?

いつか見上げた飛行機雲を
憧れたあの日 額縁に撮った
今は濁った飛行機雲を
憧れに今 もう一度還そう
崩れる欠片を掬い取れ

依頼はTwitterまで
今まで作ったものは下記サイトにまとめています。
https://momoirocon.wixsite.com/mysite

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP