Cheer

投稿日:2012/07/06 21:31:25 | 文字数:710文字 | 閲覧数:86 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(Aメロ)
遠ざかる街並み 景色は流れて
君をそっと感じた 昨日はいつだろう
寂しさに震えた 肩を抱きしめた
白い息重ねた 星の舞う丘の上

(Bメロ)
何か言いかけて ふさぐ唇
声を聞いたなら すべてが崩れそうで

(サビ)
100万回の我儘と 100万回の強がりを
いつも笑って 見守ってくれたね
100万回の負けるなと 100万回のがんばれが
頼りない僕を 全力で支えるcheer
ありがとう ありがとう ありがとう

(Aメロ)
窮屈なバッグを 開ければふたりで
競うように読んだ ハルキの文庫本

(Bメロ)
何も言えなくて 視線落とした
早くなる鼓動 途切れぬ時を刻む

(サビ)
片手ぽっちの「好きだよ」と 両手ちょっとのプレゼント
そんな僕にも 安らぎをくれたね
たったひとつの夢カケラ たったひとつの守るもの
選ぶない僕の背を押して 手を降るcheer
朝焼け空はもう 眩しくて

(Cメロ)
何ができたろう 振り返るたび
後悔ばかりが ぐるぐる駆け巡るよ

(サビ)
100万回のわがままと 100万回の強がりを
いつも笑って 見守ってくれたね
100万回の負けるなと 100万回のがんばれが
頼りない僕を 全力で支えるcheer
ありがとう ありがとう ありがとう

(サビ)
幾千万の人の中 幾千万のすれ違い
出会い別れ 繰り返したけれど
たったひとつの偶然に たったひとつ分かったこと
情けない僕の手を握り伝わるcheer
ありがとう ありがとう ありがとう

(Aメロ)
遠ざかる街並み 硝子に映った
堪えきれなかった 雫が膝を濡らす

written by Ko-taro Kitamori

北森劇場で詞を書く人です。焼酎と焼鳥に反応します。

●言葉遊び日記 http://kitamorilyric.blog130.fc2.com/
●ツイッ太 k_kitamori
●アイコンはcaoさんの「lonely frog~カエルの見る夢」のワンカットを使わせていただいています。
●ボカロ以外の詞もいろいろ書かせていただいています。
中之島まつりテーマソング「C'mon NAKANOSHIMA!」
東京江戸ウィークテーマソング「遥か」
赤飯「Queen」
Wingrow「てのひら」etc...
●なにかありましたら→naganookimaro☆yahoo.co.jp (☆→@)
●マイリス→mylist/13834510

最新作(敬称略)
★「Midsummer Naughty」【2021/05/22】
作編曲:伊月えん 画像:Carlmary 動画:kanoe
https://www.nicovideo.jp/watch/sm38773548

北森劇場の最新作
★「Q.E.D.」
作曲・編曲:律 作画・動画:cao
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16580378

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP