薔薇泥棒(歌詞)

投稿日:2014/10/15 22:41:50 | 文字数:407文字 | 閲覧数:2,026 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「赤い薔薇を一束僕にくれ」
今宵は令嬢のバースデー
「すみませんお客様当店は
醜い方には売れないのです」

そこで意識遠のいて
我に返る時にはもう

空は曇天だ曇天だ曇天だ
ただ見紛う間も無く
舞う血と花がヒラヒラと
詰め込むその恋心純情
気が動転だ動転だ動転だ
もう戻る事の無い
遠く旅立つ者達に神の賛美を

赤い服をまといて何処へ行く
街頭 路地裏 夜の街
愛と欲と理想の成れの果て
か細い息も絶え絶えに

ついた嘘は見抜けても 
床に散るは薔薇の花

君は麗人だ麗人だ麗人だ
紅薔薇より気高く
舞うその姿はキラキラと
見初める我が恋心純潔
嗚呼妄信に妄信に妄信に
溺れたままで嘆く
交わる事の無い愛に価値はあるのか

そして呆然だ呆然だ呆然だ
眼前の断末魔
花に嵐とは言い得て妙
こんな結末誰が望んだ
ただ騒然と騒然と騒然と
した惨劇の跡地
見捨てられた骸達にせめても花束を

「赤い薔薇を一束僕にくれ」  

常識の範囲で好き勝手に使ってもらってええんやで

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP