マリーゴールドと回送列車///初音ミク、滲音かこい

投稿日:2012/11/01 17:47:16 | 文字数:514文字 | 閲覧数:1,147 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19254309

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

マリーゴールドと回送列車

線と丸を重ねて そこらに散らばるおたまじゃくし
白黒紡いで さあさあこの手を取って
3と1/4の音符の長さのトレモロ続いたあの声は夜に消えた

点と線を集めて組み立て壊して遊んだ
アレグロ続きの夜を越えて僕には見えるの環状線に
飛び乗った君から受け取るコードは冷たい
オレンジに光る電波に乗ってレガートが聞いた音符に乗って 今 

アクセント続けてどこかに消えたねストロボ
ぴかぴか光ってフォルテシモ奪って
君がよく弾いてたピアノは少し古くて
愛した旋律今はもう聞こえない

夜の闇に消えてく僕らの意識はモレンド
ピアノの音色が響いて僕らはただ手を取り合ったよ
「目を閉じて。」耳元呟くあなたは綺麗で
オレンジに光る電車に乗った行く当ても知らずたださまようの


点と線を集めて組み立て壊して遊んだ
アレグロ続きの夜を越えて僕には見えるの君が

行き先無くした真っ黒カラスは飛んでく
僕らの音をつばさにのせて僕らの息を気軽に止め
閉じきった部屋にそっと咲いた花は存在証明
「枯れるわけないから 明日見たいから」
夜の電車消えてく 残りの時間もなくなる
耳元ささやく君の声は花が落ちていくような音がした

(プロフィールはありません)

もっと見る

▲TOP