淡雪の花(あわゆきのはな)

投稿日:2017/12/06 22:32:43 | 文字数:831文字 | 閲覧数:301 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

なおるさんの曲
http://piapro.jp/t/JTs1に歌詞をつけさせていただいています。

淡雪は春先のうっすら積もった消えやすい雪のことです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

微睡みの間(あわい)に
愛し君の影を見る
覚めれば淡い雪
春待ちの枝に揺れて

「新たな花の
 咲く頃は
 何れこの恋も
 消え行く」と

告げた声が
密やかに絡めた指が
春に溶けて
淡雪の花 恋重ね


透き通る雪花
枝先から零れ落つ
掌を伸べども
はたはたと涙は降る

東の風に
散らされて
景色を彩る
恋名残

泥濘む道
君の足跡追いかけて――
そんな夢を
淡雪の花 恋重ね


「淡雪の花
 咲く折に
 もしも叶うなら
 再び」と

花嵐に
耳をくすぐるささめきは
愛し音色
淡雪の花 春を行く



【補足版】
1A
微睡(まどろ)みの間(あわい)に
愛(いと)し君(きみ)の影(かげ)を見(み)る
覚(さ)めれば淡(あわ)い雪(ゆき)
春待(はるま)ちの枝(えだ)に揺(ゆ)れて

1B
「新(あら)たな花(はな)の
 咲(さ)く頃(ころ)は
 何(いづ)れこの恋(こい)も
 消(き)え行(ゆ)く」と

1S
告(つ)げた声(こえ)が
密(ひそ)やかに絡(から)めた指(ゆび)が
春(はる)に溶(と)けて
淡雪(あわゆき)の花(はな) 恋(こい)重(かさ)ね


2A
透(す)き通(とお)る雪花(ゆきはな)
枝先(えださき)から零(こぼ)れ落(お)つ
掌(てのひら)を伸(の)べども
はたはたと涙(なみだ)は降(ふ)る

2B
東(ひがし)の風(かぜ)に
散(ち)らされて
景色(けしき)を彩(いろど)る
恋名残(こいなごり)

2S
泥濘(ぬかる)む道(みち)
君(きみ)の足跡(あしあと)追(お)いかけて――
そんな夢(ゆめ)を
淡雪(あわゆき)の花(はな) 恋(こい)重(かさ)ね


3B
「淡雪(あわゆき)の花(はな)
 咲(さ)く折(おり)に
 もしも叶(かな)うなら
 再(ふたた)び」と

3S
花嵐(はなあらし)に
耳(みみ)をくすぐるささめきは
愛(いと)し音色(ねいろ)
淡雪(あわゆき)の花(はな) 春(はる)を行(ゆ)く

作詞メインで活動中です!
ブクマ等、気軽にしていただけるとうれしいです!

 ご依頼などいただける場合はメッセージをお願いします。曲先でも歌詞先でも大丈夫です。また、曲募集中の歌詞で気に入ったものがあれば、それを曲に合わせて字数調整もいたします。お気軽にどうぞ。

たまにもそもそ描いた絵もあげていきたいです。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    こんばんは
    ころもちさん

    作詞ありがとうございます。
    綺麗な内容ですね。
    曲の雰囲気にもピッタリだと思います。
    ひととおり自分で歌ってみたのですが語感など問題ないようです。
    この後ニコ動アップに向けて動きますが
    またなにかありましたら連絡させていただきますね。
    こういう内容ですのでなんとか冬中にアップしたいと思っております。

    2017/12/07 20:40:35 From  なおる

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ありがとうございます!
    曲の方にもメッセージつけさせていただきます。

    2017/12/07 21:33:39 ころもち

▲TOP