投稿日:2020/11/06 20:29:01 | 文字数:666文字 | 閲覧数:260 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

累/flower

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

眩暈がする 二十三時
それとなしに言えるように
あなたならと意気込んで言葉にした
目を据えたらそれが合図
話すほどにすれ違って
それから先いつも通り もう馬鹿みたい

あたしのためとか言わないで
苦しみに慣れるまで
心にもないことばかり辿って
明日には晴れるから

わかったような口利かないで
それも愛といえるのなら
層一層残酷なやり方で
ただあなたを傷つけたい
答えが欲しいわけじゃないの
別に何も要らないから
こんな痛みにあたしと同じだけ
ただあたしに疲れていて

あなただけに その声に
優しくしてほしかった
いつになれどこの期待が拭えなくて
くだらないかな この憂いも
誰も彼も知り得ない
あたしだけの痛みでしかないのだから

ねえいつまで経ってもこのまんま
分かり合えないのかな
あたしもどこかに非があって
お互い様なのかな

明後日陽気な夢見呆け
それは銀河の果てへでも
ドンチュー 迷宮 声を荒げて今
ただあなたと喧嘩したい
怒鳴ってでもなお向き合っていれば
今日は違ったのかな
何万回と巡り巡る日々で
ただあなたを見つめている

超晴天 背に拵えた
身形 花束の香り
心曇り 思い惑うたび
見失ってしまうのに
ああ 千年経っても言えないな
何も変わらないあたし
離れられないよ 自分にだけは
飾らないでいたいのに

わかったような口利かないで
それも愛といえるのなら
層一層残酷なやり方で
ただあなたを傷つけたい
答えが欲しいわけじゃないの
別に何も要らないから
こんな痛みにあたしと同じだけ
ただあたしに疲れていて

よろしくお願いします

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP