君よ、咽ぶことなかれ

投稿日:2017/12/16 16:36:29 | 文字数:1,318文字 | 閲覧数:125 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

願います 最後に。
想います 貴方を。

どうか、どうか
君よ、前を向いてください。


HelMetさんの素敵な曲に歌詞をつけさせてもらいました。
http://piapro.jp/t/i0Oy
よろしくお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【S】
最後の 言葉は 何に溶けて 消えてく
淡い雪かそれとも 燃え盛る炎か
行けども 行けども 決して 届くことのない
二人別たれたとて 君よ咽ぶ ことなかれ

【Aメロ】
流れる すべてを 受け入れただ求める 
目を閉じ それでも 許されるというならば
溢れる救いを 誰でもない 君へと捧ぐ
私が失くした 祈りを 拾い上げ 繋ぐ 掌

【Bメロ】
手招くのは 地の底
背負った 業は 深くて
ぬばたま色の闇を
抱きしめ 一人沈むの
  
【S】
最後の 言葉は 何に溶けて 消えてく
照らす月それとも 光る 太陽の中か
絡まる糸をほぐすよう移ろう運命
終わりの時が来る ただ凛と 散りぬると

【Aメロ】
棚引く 想いを 抱えて君は生きる
朝陽に 夜空に 己の罰 乞いながら
揺らめく 心は 清濁に 誑かされ
おぼろな 灯に 責め立てられて動けずに
 
【Bメロ】
交わるのは 血の底
抗い 抜くは 叶わず
玉鋼に 屈する
盃満たすは 敗
 
【S】
見えない 未来を 差し出すこと 恐れず
定を恨まずにそっと進んで欲しい
消えない 想いは 許すことを思い出して
忘れる時に 私と共に 葬れと

【S】
最後の 言葉は 何に溶けて 消えてく
眩い 誇りを持ってそう告げる別れ
消えない 私は 君と共には居れずとも
さよなら 二人永遠に 君よ咽ぶ ことなかれ

花は 散れども 想う ことなかれ



ひらがな

【S】
さいごの ことばは なににとけて きえてく
あわいゆきかそれとも もえさかるほのおか
ゆけども ゆけども けして とどくことのない
ふたりわかたれたとて きみよむせぶ ことなかれ

【Aメロ】
ながれる すべてを うけいれただもとめる 
めをとじ それでも ゆるされるというならば
あふれるすくいを だれでもない きみへとささぐ
わたしがなくした いのりを ひろいあげ つなぐ て

【Bメロ】
てまねくのは ちのそこ
せおった ごうは ふかくて
ぬばたまいろのやみを
だきしめ ひとりしずむの
  
【S】
さいごの ことばは なににとけて きえてく
てらすつきそれとも ひかる たいようのなかか
からまるいとをほぐすよううつろううんめい
おわりのときがくる ただりんと ちりぬると

【Aメロ】
たなびく おもいを かかえてきみはいきる
あさひに よぞらに おのれのばつ こいながら
ゆらめく こころは せいだくに たぶらかされ
おぼろな あかりに せめたてられてうごけずに 

【Bメロ】
まじわるのは ちのそこ
あらがい ぬくは かなわず
たまはがねに くっする
さかずきみたすは はい
 
【S】
みえない みらいを さしだすこと おそれず
さだめをうらまずにそっとすすんでほしい
きえない おもいは ゆるすことをおもいだして
わすれるときに わたしとともに ほうむれと

【S】
さいごの ことばは なににとけて きえてく
まばゆい ほこりをもってそうつげるわかれ
きえない わたしは きみとともにはおれずとも
さよなら ふたりとわに きみよむせぶ ことなかれ

はなは ちれども おもう ことなかれ

改名したもののあまりしっくりこなかったので戻しました(笑)
やっぱりちざきが一番馴染む

イラストや詩、小説などの創作が主です。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP