比翼憐離(仮)

投稿日:2016/03/15 19:16:19 | 文字数:565文字 | 閲覧数:81 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://piapro.jp/t/Ex69
此方の曲に詞を書かせて頂きました。

「比翼憐離」の読みはそのまま「ひよくれんり」と。
「ルフレスゴード(Ruthless Goad)」と詞タイトルを悩んだ為、(仮)です。

[ ]は詞作段階の字余り、一音イメージのイメージです。
参考程度に。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

太陽と月 交互に見送って
時の流れを知れば記憶は翳った

二人ならば手を取り合えるから、と
握り合った指先は温度(ねつ)を忘れてく

道の無い場所を僕たちは駆け抜けてく
記憶を 心を 温もりを 知らずに手離して――

一人だって歩いては行ける、と
知らないままいた方が良かったのだろう…

擦り減る靴で蹴り続けた大地に果ては見えない

道の無き未知を駆けながら知るのだろう
乾いた大地に慈悲は無く終焉(おわり)もない
吹き付ける風が容赦無く視界を奪い
振り払ったのは塵埃かキミの手だったのか――?




~~~ひらがなver.

たい[よう]とつき こうごにみおくって
ときのながれをしれば きおく はか[げっ]た

ふたりならば てをとりあえるからと
にぎり[あっ]たゆびさきは ねつをわすれてく

みちのないばしょを ぼくたちは かけぬけてく
きおくをこころを ぬくもりを しらずにてばなして

ひとりだって あるいてはいけると
しらないままいた[ほう]が よかったのだろう

すりへるくつで けりつづけた だいちにはては みえない

みちのなきみちを かけながら しるのだろう
かわいただいちに じひはなく おわりもない
ふきつけるかぜが ようしゃなく しかいをう[ばい]
ふりはらったのは じんあいか きみのてだったのか

書きたい時に書きたいモノを、をモットーにこそこそ活動してる文字書きです。

長々とオンラインを不在にしておりましたが、無事帰還しました。
それに伴い、御使用頂いた作品、お声掛け頂いた作品を除いて、現掲載の作品を一掃しました。
一応バックアップは取ってあるので、何かありましたらお気軽にメッセージへどうぞ。

また、フォローを下さっていた皆さま、本当にありがとうございました!
これからも変わらずぼちぼち活動していく予定ですので、
どうぞよろしくお願いいたします。


マイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/35576482

アイコンはFTMさま(http://piapro.jp/fatman0603)に書いて頂きました。
ありがとうございます…!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP