静止画

投稿日:2015/07/12 21:52:11 | 文字数:707文字 | 閲覧数:68 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Intro&Outro C G D G C G D

Aメロ
G D Em D
C G Am7 D

Bメロ
C D G Em
C D B7

C(サビ)
Em D C G
C G Am7 A7 Dsus4 B7
Em D C D G D/F#
Em D C D G

Dメロ
C D G
C D G
C D B7 Em
C D B7

1-A
頭の中で 不安だけが働いて
前に動くはずの 体が震える
ありきたりなことが 時間をかけなきゃ出来ない
こんな不幸を どれだけ背負えばいい

1-B
方法を探る気にもならないまま
白い壁と光だけを見ている

1-C
遂に 動かないよ この体
断続的な画しか 見えない
静止画が この脳内で 
幼い記憶と共に 虹になる

2-A
何度試しても 体が嘘をつく
同じ場所を照らされて 黒くなる
叶えたいことが 時間をかけても無理だと知る
こんな絶望を どこにしまえばいい

2-B
知らない味の水に溺れて 目を
開くのも出来なくなるのかな

2-C
いつか 自分の背中を見るのだろう
感情的な言葉しか 出てこない
君の手が この脳内で
天使の羽に見えて 眠たくなる

D
今見えたものを大切にして
真っ黒い未来(あした)に備える
まだ生きる 生きられる
天使は虹の上の方 ずっと上の方

C
いつか 自分の背中を見るのだろう
あいまいな記憶だけ 消えていく
大切にしてきたものなど
殆ど無かったと 思い知る

C
遂に 動かないよ この体
断続的な画しか 見えない
静止画が この脳内で
微かな記憶と共に 色を持つ
その色もいつか白と黒になる
その色もいつか空に消えていく

だいぶ前に買ったミクちゃんを活用してなかったので、少しずつ作品投稿していければと思います。社会人一年目です

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP