『零すなら、霖のなかで』

投稿日:2016/07/18 10:34:13 | 文字数:324文字 | 閲覧数:37 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雨雲の下で待っているよ
今も
いらないよ傘は

涙を零すなら
霖のなかで

群れるあじさいの花
色は孤独を孕んでいる

胸に苟且の夢
ひとり雨音に問いかけた

しばらく空は泣き止みそうにないな
いつも忘れていたのに
どうしても零れちゃうの

土砂降りに搔き消された歌が
今も染み込んでいるんだ
夏の雨に息を吹き返えしていく

水溜り跳びこえられず
ただ僕は大人になるのか
汚れた靴がまだ手放せない

雨に打たれて洗い流された街に
僕も暮らしているのに
なぜ、笑えていないのか

溢れちゃうよ
雨晒しで描いた風景画
いつも滲んでいるのは
僕の見てる世界を映し出すから

雨粒に混ざって消えたならいいな
濡れながら歩いた

また新しい季節
君がいたなら

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 零すなら、霖のなかで(off vocal)

    by トバモリー(Tobermory)さん

▲TOP