「願い歌」 歌詞

投稿日:2020/04/26 14:42:02 | 文字数:716文字 | 閲覧数:2,166 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「願い歌」 BPM=160

常識なんてわからない
人の痛みもわからない
そもそも自分の痛みも
うまく言葉にできない

人間になりそびれた
そう思う方が正しい
形のないことばかり
染みるように積もるばかり

すれ違う人全て
自分と同じことを考えている
そうだったらいいのにな
そうじゃないのはなんでかな?

僕らはさ
願ったりさ
叶わないのなら歌ったりする
そのくせにさ
馬鹿にしてさ
わかり合うフリして
ガムを吐く

愛した人
許した人
その全ても時に零れ落ちる
心が荒んでいくのがわかる
でも今は僕ら叫ぶしかない

学校なんて嫌いだ
仕事なんて大嫌いだ
本当に求めるものは
一体どこにあるんだ

やりたいこともできない
それはお前のせいだ
そうして嘆く合間に
ゆるやかにシワを重ねた

歳をとるたび思い出すんだ
裏切られたこと
どうしようもなかったこと
楽しい思い出もあったんだよな
そう思えないのはなんでかな?

僕らはさ
願ってもさ
叶わないことばかり愚痴りあって
そのくせにさ燻るばかり
口だけだなんて馬鹿にするなよ
夢を知らないだけなんだよな
今が一番好きなんだよな
泥だらけの肌で渇望する
姿を馬鹿にするな

願うって信じた分だけ
無様だって笑うよな
そんなのわかってるんだよ
願いたいから願うんだよ

例えば僕でいるために
もしくは君を愛するために
あるいは人間らしさを噛みしめるために

僕らはさ
願ってもさ叶わない日々に
妥協もするよ
見下される馬鹿にされる
それでも這いつくばっているのさ

僕らはさ
この選択が間違いじゃないと誓って言う
「この心だけは濁せやしない」
「だからこそ僕らは叫ぶんだ」

僕らはさ

カンザキイオリです。
趣味で曲を作っています。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP