羊飼いの少女

投稿日:2021/09/19 02:06:54 | 文字数:447文字 | 閲覧数:30 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「羊飼いの少女」

狼に怯えて
頑丈な
煉瓦の家を建てた
子豚みたいに

少女は

恐怖から
逃げたの
たった独りで

とても
ひとりでは

安心して居られなかった
から

そんな少女に
窓から
差し込む
歌声
少女を呼ぶ声…

少女は言った

「あなたが
狼じゃなかったら、
家に入れてあげる。」

羊は

羊飼いに
習った歌を
星のように歌って

少女を誘う

「狼じゃないよ。

鍵を開けて
飴玉を一粒
綿菓子にして
頂戴。

退屈も
空腹も
忘れて

一緒に
眠ろう。」

狼に怯えて
頑丈な
煉瓦の家を建てた
慎重な少女は

窓の隙間から
覗いて

羊を中に入れた

温かいミルクと
砂糖と
毛布を持って

「これを綿菓子にする魔法は、
知らないわ。」

それでも
羊は喜んで
ミルクに砂糖を入れて
飲みながら

昔そうであったように

毛布にくるまると

羊の魔法が
解けて
羊は
少年になった


「もう、
狼に食べられないね。」

それから2人は
野原で幸せに暮らしたの。。。

心愛。

ネット環境の変化のため、
こちらで調整中です。
メールが送れない、
投稿できない、などの誤作動がありました。

もう1つのアカウントはこちらです。
https://piapro.jp/pudding_

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP