「恋ハ死ストモ夢ハ覚メズ。」

投稿日:2016/11/02 02:48:15 | 文字数:611文字 | 閲覧数:248 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

雨のち雨さんhttp://piapro.jp/amenochiame_test39の為に書き下ろしたものです、他の方は使用にならないようご了承ねがいます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ガードレールに手向けられた
空缶の花瓶を
錆び付かせるような潮風が
さらってゆく 奪ってゆく
消えないで 覚めないで

当たり前のように見上げていたオリオンが
どこにも見当たらない
凍りついた恋心とともに
暗い夜空に融けたのかしら

しがみついてたタンデムシートで
背中越しに海を見ていた
光が水面に反射して
「まるで夢みたいだ」って
つぶやいた

最後に触れた唇は氷のように冷たくて
「愛してる?」って聞いても
何も応えない
あなたの背中で感じていた
温い潮風が
さらってゆく 奪ってゆく
夢なら
消えないで 覚めないで

当たり前と信じていた永遠が
どこにも見当たらない
流れ落ちた恋心とともに
月を溶かした海の底

灯りの消えたイルミネーション
幕の降りた劇場
夢は終わっても覚めることはなく
降り積もる現実

最後に聞いた言葉も思い出せないまま
「愛してる」と囁く
遠い日の幻影(まぼろし)
終幕を告げる鐘の音が
さらってゆく 奪ってゆく
夢なら
消えないで 覚めないで

たとえこれが悪夢だとしても
あなたを感じていた
此処にわたしが在ることの
意味を教えてくれた
ただ吹き抜ける潮風が
耳元で囁くの
「この恋は死んだ」のだと
「死んだ」のだと

ガードレールに手向けられた
花はもう枯れて
夢を見させた潮風が
さらってゆく 奪ってゆく
消えないで 覚めないで

夢なら
消えないで 覚めないで

作曲者様・絵師様・動画師様、少しでも気になったら気軽にメッセージください。歌詞使用の際は事前に一言確認してくださると助かりますm(__)m
楽曲募集タグのない作品は自分でDTM練習に使っているか既に作曲者様がきまってる可能性がありますので。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP