悪ノ現在 1

投稿日:2010/06/27 23:35:14 | 文字数:1,639文字 | 閲覧数:553 | カテゴリ:小説

ライセンス:

こんばんは、リオンです。
タイトルの読み方は「あくのいま いち」です。
初心に帰って悪ノを書こうかと思ったのですが、普通に悪ノを書いても、
ありきたりだなぁとおもいまして。
それなら、アレンジ加えてみよう!
ってことで…。悪ノアレンジ版、第一弾です。
第二段以降がいつ出るのか、寧ろあるのかどうかは誰にもわかりません。
それではっ!!!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「――お嬢様、おやつの時間です」
 豪華なドアをノックしながら、レンは言った。
「入って」
 中から聞こえてきた声に応じるようにレンは会釈をしながらドアを開き、手に持った『イチゴのミルフィーユ・オレンジピューレアイス添え』が落ちないように気をつけ、部屋の中に入った。
 趣味よくそろえられた調度品の数々、きれいに隅々まで掃除の行き届いた部屋の中、大きな窓の前においた椅子に座り、回りの小物たちに劣らぬ鮮やかさとかわいらしさを持った金髪の少女――リンは窓の外を眺めていた。頬杖をついて物憂げにうっとうしいほどの日の光に目を細くして眉を顰める姿は、下手な絵画よりも絵になった。
「今日のおやつは、『イチゴのミルフィーユ・オレンジピューレアイス添え』です」
「食べたくないわ」
 レンのほうに目を向けようともせず、リンは言った。
「食べたくなくても、食べていただかなければいけません」
 感情を外に出さないようにレンは言った。
「どうせ薬が入っているもの」
「薬が入っているから、食べなくてはいけないのです」
「そんなもので外を隠したって、薬の味は消えないのよ」
「なんにしても、食べていただかなければいけません」
 言いながら木製のテーブルに『イチゴのミルフィーユ・オレンジピューレアイス添え』をおき、フォークとスプーン、ナイフを並べた。
 窓の外に見える景色は火にかすむような灰色のビルが立ち並ぶ、現代的な町並みで、リンがいったい何を見ているのか、レンにはわからなかった。
 時の流れなどないような、空の見えない景色。もちろん雲がなれるところも、夕陽もない。
 この部屋を月に数回しか出ることのないお嬢様が、今、何を思っているのかなど、レンにわかるはずもなかった。
「お嬢様、食べ終わったら呼んでください。片付けに参ります」
「食べないったら」
「では」
 リンの言葉が聞こえていないように言って、マニュアルにでも載っているような機械的な言葉を繰り返した。
 もう一度会釈をして、レンは部屋を出た。

 彼女が日に摂取しなければいけない薬の種類は十五種類。粉薬、液体、カプセル、錠剤…。いくつもの薬を投与される彼女のみになれば、非常に辛いだろうということはわかるのだが、それを飲まないことで寿命が縮んでしまうのなら、飲まないわけには行かない。
 これも彼女のためを思ってのこと…。
 数錠の薬を抜いてみれば死を招く。それを彼女も理解しているから、なんだかんだといいながらも薬を飲むのだろう。
「…」
 この屋敷の中で唯一空が見える場所、中庭に出て、レンは空を見上げた。
 まるでリンの心境が見えるような期さえする透き通った空は、レンの心をむなしく映していた。ひゅう、と吹いた風が、レンの頬を撫でていった。

 いまや世界の金融業界からおもちゃ業界まで、さまざまな世界を支配するほどのシェアを誇る『KG』の社長令嬢、鏡音リン。彼女は生まれながらにして病弱で、人工呼吸器をはずすことが出来ない状態が続いた。どうにか手術で人工呼吸器なしに呼吸が出来るようになっても、薬に頼らなければならない。
 そんなリンは、兄も妹もいない。
 しかし、一人だけ、弟がいる。レンである。
 双子として生まれたリンとレンは、どちらも社長の愛娘、愛息子として育つはずであった。しかし、「双子」なんて、どうにも面倒である。当時まだ小さな会社だったこともあり、二人も子供を養うことは出来ないということになった。そのため、後に生まれてきたレンは、親元を離れ、孤児院に預けられたのである。
 会社が成功し、金銭的に余裕が出来たためにレンは戻ってくることこそ出来たものの、巨大会社の社長が子供の一人を孤児院に入れていたなんて、マスコミにバレでもしたら一大事である。そこで、レンはリンのボディーガード(もどき)として『雇われた』ことになったのだ。
 悲しき双子の運命の歯車が狂い始めたのは、一体いつからであろうか…。

リオンといいます。よろしくお願いします!
気が合いそうだな、とか思う優しい方はどうぞメッセージでもなんでも!!
一応プロフィールを↓
[性別]
女。
でも中身はだいぶ男が混ざっていると思う。

[年齢]
第一志望校合格しました!
一番近くの高校にいけます…。よかった。
でも結局中学校三年間ほぼ勉強しなかったな…。

[性格]
男勝りですが、こういうところでは結構きちんとした言葉使いだと思います。
好きなことはイラストを描くことで、投稿しようとしたんですが…。サイズとかなんだとかで訳が分からず断念…。
異性とも同姓とも仲良く出来ます!!
たまにお母さん的発言が出たり、吸血鬼みたいなことを言い出します。
「やめなさい!!」とか、「血、なめたい」みたいな。

[好きなボカロ]
全体的に好きですけど、特にすきなのはルカ・リン・レンです。

[UTAU]
最近、パソコンで使えるようにしました!!
大量にDLし、親に呆れられました…。

[その他]
最近、友人がボカロを聞いているうちにロボ声になったという話を聞いて、少しうらやましいと思ってしまったり、「瞳を閉じて」の前奏で「リナリア」を思い浮かべてしまう、末期症状患者です。
小説には誤字脱字が多く、リンレン小説ばかり書いています。
たまには別のキャラが主人公のも書いてみたいと思いつつ、ネタ切れ気味です。

ルカ、リン、レンは俺の嫁…ていうか、むしろその三人は俺でいいよ。もう。

最近の出来事。
○気付いたことですが、死別ネタがおおいですなぁ。
○声を作って歌ったら、ボカロっぽい声だな、って友達に言われたよ!やったね!!
○晴れて投稿四百個突破です!ありがとうございます!
 しばらくは何度か間が空くこともあると思います。ご了承ください。
○ブログと言う名の妄想のはけ口作りました↓
         http://sky.ap.teacup.com/kamuzo/
○月・水・金曜日は塾があるので、不定期に投稿を休むことがあります。すみません。

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想


    いえいえ!
    そんなそんなっww


    いつも注目の作品に上がってるんで、すごいなーと思っていましたー\(^ー^)/

    今日ゎお話できたので、感激です!><


    よかったら仲良くしてやってくださいっ!^^←←

    2010/09/02 21:03:48 From  まいまい☆ミ

  • userIcon

    メッセージのお返し

    全然すごくないですよ!
    誰かが同情してくれてるだけですよ!?(ネガティヴスイッチON!

    感激だなんて! いつでもコメなりメッセなりをいただければ、お話くらいいつでも!


    よろしくお願いしますね♪

    2010/09/02 21:09:22 リオン

  • userIcon

    ご意見・感想


    はじめましてー\(^ー^)/

    コメさせていただいていいのですかね?^^;


    とてもよかったです!><

    続きが気になります!^^

    楽しみです!^^


    陰ながら応援させていただきますねー\(^ー^)/

    2010/09/02 20:55:41 From  まいまい☆ミ

  • userIcon

    メッセージのお返し

    はじめまして、まいまい☆ミさん。

    コメは大歓迎ですよ!

    ありがとうございます。
    あまり期待をせず、ハードルを地面すれすれまで下げて、お読みください。

    応援ありがとうございます。ご期待に沿えるよう、日々精進してまいりますっ!

    2010/09/02 20:59:38 リオン

もっと見る

▲TOP